NEW ENTRY
    • ニュース
    BRAND LIST
    • ブランド一覧
トウメイオリジナル
SHOP
TOP sonoiro
sonoiro
鮮やかなカラー展開が目を引く"sonoiro"
観音開き仕様のアクリル製
カードケースです。

両面を大きく開いて
カード類の補充・整理を、
取り出す時は、
片面だけを開いて素早くスマートに。

無駄のないつくりとカラー展開が、
なんともスタイリッシュ。
仕事相手がスーツの胸ポケットから
さっとこんなカードケースを取り出したら、
「お!」と思う。


「名刺持ってない!」という方は
持ち歩き用小物入れにどうぞ。
アクセサリーとか、ソーイングセットとか。
嵩張らずちょうど良いサイズ感。



そして、この商品の特徴はなんといっても
カラーの組合せ、です。

開閉する2色のアクリル板で、
日常に在る情景を表現。
透明感のあるカラーとそれぞれに付いた名前、
それらが私達の想像力を膨らませる。


例えば、
太陽が顔を出す前、早朝のすっと澄んだ空気
夜の繁華街の喧騒、明滅するネオン
薄暗い部屋、アンティークランプが暖かく照らす机・・・

私たちはたった2つの色の組み合わせで、
こんな風に景色や物を連想することが出来る。
(人間の脳って創造的だなぁ・・)


そうして、ぐっときたカラーの"sonoiro"を、
愛着を持って使っていただけたら、
作り手側としては本望なわけです。
1つ1つ手作業で制作し、
ツヤツヤに仕上げた"sonoiro"ですので、
どうか優しく扱ってあげてください。
(アクリル製なので、乱雑に扱うとどうしても
キズが付いたり、割れたりしてしまいます。)

パッケージは本体から一変して
マット仕様。
無駄な装飾のないシンプルさが、オシャレ。
贈り物にされる方も多くいらっしゃいます。
別ページでは、
和柄"sonoiro"も販売しておりますので そちらも是非。



好きな色で、浮かんだ情景で、
プレゼントするあの人のイメージで、
あなたの"sonoiro"を見つけてください。





普通名刺29枚収納可

デザイナー:studio note



リンク

mass item web site



Sonoiro
“Sonoiro” is not just an ordinary acrylic name card holder. It is designed with two different eye-catching colors. It can be opened either by just one side or both sides of the card holder.
The card holder has a clear surface and can store 29 pieces of name cards at the maximum.
Currently available in 3 different set of colors, which are fruit jelly, morning mist and old lamp.
(Domestic shipping only)

双面名片夾
由两个不同的抢眼颜色所组成的丙烯酸树脂名片夾。也有印有日系花纹(网状/麻叶/千鸟格子)的双面名片夾,适合当作日本手信。在拿出名片时可单开一面,方便收取名片。最多可容纳约29张名片。除了名片以外也可放首饰、缝纫用具等各种小巧的东西。
(邮送只限日本)
sonoiro
massitem_card_sonoiro

サイズ

:

W64×D102×H11.5mm

材質

:

フタ:アクリル / ベース:ポリカーボネート

価格 (税別)

: ¥3,241

在庫状態

: 在庫有り

数量

:

種類

: night neon(ナイトネオン)

価格 (税別)

: ¥3,241

在庫状態

: 在庫有り

数量

:

種類

: noctiluca(ノクティルカ)

価格 (税別)

: ¥3,241

在庫状態

: 在庫有り

数量

:

種類

: fruit jelly(フルーツゼリー)
入荷待ち

価格 (税別)

: ¥3,241

在庫状態

: 在庫有り

数量

:

種類

: oid lamp(オールドランプ)

備考・注意事項

アクリル樹脂製ですので、落下や衝撃、重いものを載せるなどの圧力を掛けないでください。

- トウメイ - アクリル素材を中心にデザインされた、ブランドオリジナルプロダクトです。toumeiは、樹脂加工のプロフェッショナル工場である本社「(株)益基樹脂」を母体とし、若手デザイナーと職人の手からオリジナルプロダクトを産み出しています。また、直営ショップ「トウメイ」では、オリジナルプロダクトに加え、モノづくりを続けるスタッフが独自の視点でセレクトしたアイテムを織り交ぜたコレクションを展開しています。

ページの先頭へ戻る